Keynote

Keynoteを使ってiMovieに字幕スーパーを入れるカンタンな方法

iMovieで動画に文字を入れる際、Youtubeやテレビ番組のような場所に字幕スーパーが作れなくて困っていませんか?

Keynoteを使うことで、Final cut proのような高価な動画作成ソフト使わなくても、カンタンに字幕スーパーを作る方法があります。

 

ろいほくん
ろいほくん
高価な動画ソフトを買わなくてもできるんだ。

 

YouTube用の動画を撮影してiMovieに取り込む

まずはベースとなる動画を撮影してみましょう。

最近、業務端末が「iPhoneXS Max」というとんでもなくハイスペック機種に変わったので、それで撮影しようと思いましたが、公私混同になるので悩み抜いた末、やっぱり「iPhoneXS Max」で撮影することにしました。

 

ろいほくん
ろいほくん
ガッツリ使っていくよ。

撮影した動画をiMovieに挿入する

撮影した動画をiMovieに取り込んでいきます。

ちなみに撮影した動画は「AirDrop」使うとカンタンにMacの中に取り込めるので、めちゃくちゃ楽です。

 

ろいほくん
ろいほくん
高速で転送できるAir Dropは本当にオススメ。

iPhoneからMacに転送した動画をiMovieに入れていきますが、撮影した動画の編集点などは気にせずに入れちゃいます。

あとで、余計な部分をカットしたりできるのでとりあえずバンバン入れちゃいましょう。

 

ろいほくん
ろいほくん
感覚で作れるのがiMovieの醍醐味だね。

 

▼動画を挿入した状態がこちら

ろいほくん
ろいほくん
かっこよく撮れたかな?

keynoteで字幕を作成する

iMovieでは「タイトル」というところから文字を入れるのが一般的ですが、既存のテロップだと表示させたい位置に出てこなかったり、使い勝手があまり良くないです。

なので、keynoteで文字だけの画像を作って、透過させ、動画に挿入していきます。

 

keynoteを起動して文字を入れる

今回は「Youtubeやテレビ番組のような字幕スーパー」を作ることが目的なので、以下のポイントを抑えて作っていきましょう。

  1. 16:9のスライドサイズで作成する
  2. スライドの背景を「塗りつぶしなし」にする
  3. 背景透過(PNG形式)で書き出す
ろいほくん
ろいほくん
方法はたくさんあるんだけどコレがいちばんカンタンだったよ!

では、さっそくkeynoteを起動してポイントの部分を設定しましょう。

まずは、スライドの大きさをワイドスクリーン16:9に設定します。

こうすることでiMovieの画面と同じサイズの画像を作ることができます。

右上の「書類」を選択して、スライドのサイズを変更しましょう。

 

▼スライドのサイズを変更

 

続いて、字幕スーパーを入れたい場所に文字を入力し、スライドの背景を「塗りつぶしなし」にします。すると、背景が真っ黒になります。

 

▼背景を塗りつぶしなしにする

ろいほくん
ろいほくん
真っ黒な部分は背景がないという意味になるんだ。

 

PNG形式で書き出す

最後に画像を書き出します。

書き出す際には「PNG形式」を選択しましょう。PNG形式では塗りつぶされていない部分がすべて透過されて書き出されるので、動画に合わせる際もカンタンに重ねることができます。

▼PNG形式で書き出す

取り込んだ動画に文字を挿入する

さきほど書き出した文字を動画にドロップさせてみましょう。

すると、動画に文字が入りますね!

 

▼文字を動画にドロップさせる

ろいほくん
ろいほくん
最後に微調整をしよう。

iMovieに画像を挿入すると自動的に「Ken burns」という機能が働いて文字が勝手にズームアップするようになってしまいます。なので、「フィット」に変更しましょう。

▼挿入した画像を「フィット」に変更

こうすることで、文字を画面に固定することができます。これで「Youtubeやテレビ番組のような字幕スーパー」の完成です!

ろいほくん
ろいほくん
かなりカンタンに出来たでしょ!?

 

まとめ:カンタンにできた!慣れれば数分で完成!

字幕スーパーをうまく活用することで動画制作の幅がグンと広がります。

動画の面白さを際立たせるためにも字幕スーパーがカンタンに使えるようになっておくといいですよね。

ろいほくん
ろいほくん
慣れてきて余裕があればFinal cut proを買ってもいいかもね!

 

Back to top