2018年11月からYouTubeでも活動してます!!いますぐここからチェック!!

keynoteとiMovieでYoutubeの字幕スーパーをカンタンに作ってみた

keynoteとiMovieでYoutubeの字幕スーパーをカンタンに作ってみた

 

ろいほくん
兼業ブロガー&駆け出しYouTuberのろいほです。

 

今回は、KeynoteとiMovieを使った動画の字幕スーパーを入れる方法を紹介していきたいと思います。

すごくカンタンにできますので、取り急ぎYouTuberとしてやってみよう!という場合は参考にしていただけたらと思います。

もっといい方法があるかもしれませんが、独学なのでご了承くださいまし!

 

ラフロくん
ここのところタメになる記事書いてるのね。いいことだ!

 

 

YouTube用の動画を撮影してiMovieに取り込む

まずはベースとなる動画を撮影してみましょう。

最近、業務端末が「iPhoneXS Max」というとんでもなくハイスペック機種に変わったので、それで撮影しようと思いましたが、公私混同になるので悩み抜いた末、やっぱり「iPhoneXS Max」で撮影することにしました。

 

ラフロくん
まてまて、ダメだろ!

 

ろいほくん
いや、でもさ、業務端末を最大限使いこなせた方が業務端末も喜ぶってもんじゃないですか。

 

ラフロくん
いつから業務端末に感情が芽生えたんだよ。

 

撮影した動画をiMovieに挿入する

ラフロくんの制止を振り切って業務端末で撮影した動画をiMovieに取り込んでいきます。

ちなみに撮影した動画は「AirDrop」使うとカンタンにMacの中に取り込めるので、めちゃくちゃ楽です。

 

ラフロくん
AirDrop便利だよな。動画だけじゃあなくて写真や書類までも送れるからね。

 

ろいほくん
そうなのよ。しかも高速で転送されるからいいよね。

 

▼iMovieの初期画面がこれ

赤枠のあたりに撮影した動画を入れていきますが、撮影した動画の編集点などは気にせずに入れちゃいます。

あとで、余計な部分をカットしたりできるのでとりあえずバンバン入れちゃいましょう。

 

ラフロくん
感覚で作れるのが醍醐味だよね。

 

▼動画を挿入した状態がこちら

ラフロくん
おまえ、いっつも同じストライプ着てるよな?

 

ろいほくん
楽なんだもんこれ。

 

取り込んだ画像を編集する

ここから余計な部分をカットしていきます。

カットしたい場所を選択して、「クリップを分割」を選択すると画像のように動画が2つに分かれます。

 

▼動画を分割した状態

今回使いたい動画は右側の部分だけなので、左側を削除してしまいます。

削除の仕方もカンタンで、削除したい動画をクリックして「delete」キーを押すだけ。

 

ラフロくん
むちゃくちゃカンタンだな。
ろいほくん
次は、文字を入れて行くよ!

 

取り込んだ動画に文字を挿入する

iMovieで文字を入れる方法はいろいろありますが、既存のテロップだと表示させたい位置に出てこなかったり、実は使い勝手があまり良くないです。

なので、keynoteで文字だけの画像を作って、透過させ、動画に挿入していきます。

 

keynoteを起動して文字を入れる

keynoteで文字だけの画像を作る際のポイントは3つです。

 

①16:9のスライドサイズにする
②スライドの背景をグリーンまたはブルーにする
③挿入する場所を的確にする

 

ラフロくん
えっ!?それだけでいいの?
ろいほくん
そ!これだけ注意すればそこそこの字幕が作れるのよ。

 

では、さっそくkeynoteを起動してポイントの部分を設定しましょう。

まずは、スライドの大きさをワイドスクリーン16:9に設定します。

右上の「書類」を選択して、スライドのサイズを変更しましょう。

 

▼スライドのサイズを変更

 

続いて、背景をグリーンにしてみます。

ブルーでもいいんですが、文字の色と被らないようにすればOKです。

今度は右上の「フォーマット」から背景の色を変更すれば大丈夫です。

 

▼背景をグリーンにする

 

ラフロくん
あ、これってクロマキーってやつかい?
ろいほくん
そうそう!合成動画とか撮影するときの背景もグリーンにするのと一緒なんだ。

 

文字も入れて完成したら、画像ファイルにして保存します。

ちなみに私はjpegで保存してます。

この画像ファイルを先ほどのiMovieの動画の上あたりにドロップさせましょう。

 

▼文字画像をドロップ

ラフロくん
おお、できちゃったじゃん!

 

ろいほくん
いやいや、これだけじゃあダメなのよ。

 

この状態で動画を再生すると、「ろいほ→緑背景の文字→ろいほ」というような動画になってしまいます。

ですので、緑背景を透過させる必要があります。

 

文字の背景を透過させる

先ほど挿入した文字画像の部分をクリックすると右上のBOXにアイコンが出現します。

下の画像の赤枠部分をクリックすると「カットアウェイ」という文字が出てきます。

この「カットアウェイ」を「グリーン/ブルースクリーン」に変更してください。

 

▼右上のメニューBOXの拡大図

そして、iMovieでは画像データを挿入すると自動的にスクロールする設定になっているため、固定表示する必要があります。

その場合は以下の操作が必要になります。

 

▼メニューBOXで画像を固定させる

赤枠部分をクリックして「フィット」を選びます。

こうすることで、画像がそのまま固定表示されます。

 

ラフロくん
ほうほう。これでもう終わりなの?

 

ろいほくん
そうだよ!どんな感じか動画で観てみようか。

 

完成した動画を確認する

iMovieの操作が終わったら動画ファイルとして書き出します。

そのままYouTubeにアップしてみましたので、確認してみましょう。

 

ラフロくん
ふおお!バッチリじゃあないかい!!
ろいほくん
でしょでしょ。めちゃくちゃカンタンにできるでしょ!?

 

まとめ:誰でもカンタンにできた!慣れれば数分で完成!

人気YouTuberになるためには字幕スーパーをうまく活用することは必須です。

動画の面白さを際立たせるためにも字幕スーパーがカンタンに使えるようになっておくといいですよね。

今回の方法では、カンタンに作ることができたので、有名人気YouTuberになるのも時間の問題だと思ってます。

 

ラフロくん
ところでいつになったらおもしろ動画をアップするんだよ。

 

ろいほくん
や、やべぇ!そのこと全然考えてなかったわ!!

 

ラフロくん
これは期待しないで待っていた方が良さそうだな。

 

 

この記事は気に入らなくても
いいね ! しよう

ライフスタイルカテゴリの最新記事

Back to top