2018年11月からYouTubeでも活動してます!!いますぐここからチェック!!

ロックマン生誕30年の歴史の振り返りと魅力をただただ語るの巻

ロックマン生誕30年の歴史の振り返りと魅力をただただ語るの巻

 

ろいほ
どうもロックマンです。

 

1987年、ロックマンが生誕してから30年が経過しました。

ひとつのゲームキャラクターがこんなにも長い間愛され続けているということは率直にスゴイことだと思います。

今回はそんなロックマンの歴史を振り返るとともに、なぜロックマンがこんなにもたくさんの人に愛されるのか?を掘り下げていきたいと思います。

 

ラフロくん
ロックマン、懐かしいなぁ!昔よくやったよ!
ろいほくん
ファミコンの時だよね。(あ、昔ラフロくんに借りたロックマンまだ返してないや。)
ラフロくん
ロックマンで何かあったような…、ま、いっか。

 

 

 

ロックマンの魅力

素晴らしいBGM

なんと言ってもロックマン最大の魅力はBGMです。

最初のロックマンが発売されたのが1987年、この頃の8bitゲームでここまで音楽をカッコよく表現するなんてちょっと考えられません。

ファミコンの時代は同時発音可能数が3音+ノイズのみと決まっていたので、よくここまで作り上げたなと本当にビックリです。

ちなみに初代ロックマンのサウンドプログラマーの松前真奈美さんはわずか3ヶ月でこのBGMを作り上げたそうです。

 

ラフロくん
ロックマンの音楽は普通に通勤の時も聴けるぞ。
ろいほくん
ノリノリでカラダが動いちゃうよね。

 

適切な難易度

ロックマンは基本的にムズかしいです。

特に初代ロックマンは覚えゲーなところがあるので、敵がどのように攻めてくるかすべて覚えておかないと勝てないレベルです。ですが、だからこそやりがいがある!

無理ゲー、一歩手前のギリギリのラインで作ったなぁという印象が非常に強いです。

 

▼プレイヤーのミスを許さないイエローデビル

 

ラフロくん
初代ロックマンだと、このイエローデビルってやつが大変なんだよな。
ろいほくん
そうそう、相手にするのが大変だよね。ラフロくん同様。
ラフロくん
ちょ、おま!

 

ファンが参加できるスタイル

ロックマンの魅力はロックマンのファンが参加できたこと。

それは、懐かしのボスキャラ募集です。

当時、ロックマンのボスキャラは一般人からのハガキ応募で決めていました。

かくいう私もロックマンが好きで応募したものです。
(どんなキャラクターだったかは忘れました……。)

 

ラフロくん
俺も当時は応募したなー。何マンにしたっけかなぁ?
ろいほくん
えっ!?ムーニーマンとか?
ラフロくん
それはオムツな!

 

過去のシリーズを振り返る

▼カッコいいBGMと共にロックマンの歴史をご覧ください。

 

ラフロくん
いやー、懐かしかったな!
ろいほくん
またロックマンやりたくなってきたね!(借りパクしてるけど)

 

それでは、1作品ずつ振り返ってみましょう。

ロックマン

 

登場するボス・カットマン
・ガッツマン
・アイスマン
・ボンバーマン
・ファイヤーマン
・エレキマン

 

1987年12月17日発売、記念すべき1作目のロックマンです。

見てもらうとわかりますが、それぞれ特性がある敵キャラには弱点があります。

例えば、頭にハサミがついたカットマン(チョキ)は工事現場のおじさんみたいなガッツマン(グー)の特殊能力に弱く、そのガッツマンは左下の爆弾を投げているボンバーマンに弱いのです。

ロックマンはじゃんけんから作られたというのは非常に有名な話です。

今でこそ当たり前となっていますが、モンストやパズドラ、ポケモンなども取り入れているシステムです。

ゲームにおけるじゃんけんシステムの元を作ったのはロックマンだと思うと感激しますね。
※単に弱点ということではなくじゃんけんループというゲームシステム

ちなみに相手の武器が手に入るという発想はメンコから来ているそうです。

 

ラフロくん
もし、コッチが元祖だぞ!というのがあったら教えて欲しいな。

 

ロックマン2

 

登場するボス・メタルマン
・エアーマン
・バブルマン
・クイックマン
・クラッシュマン
・フラッシュマン
・ヒートマン
・ウッドマン

1988年12月24日発売、第2作目のロックマン2です。

この作品からボスキャラが8体に増えます。

初代ロックマンに負けず劣らず難しい内容になってます。

ちなみに私はロックマンをやるときに敵の弱点を使わないというオリジナルルールを設けてやってます。

 

ラフロくん
やっぱしドMなのかな?
ろいほくん
いや、SとMを行き来する磁石みたいなやつなんだよ。
ラフロくん
まぁ、磁石はNなんだけどな。

 

ロックマン3

 

登場するボス・ニードルマン
・マグネットマン
・ジェミニマン
・ハードマン
・タップマン
・スネークマン
・スパークマン
・シャドーマン

1990年9月28日発売、ロックマンの3作品目となるロックマン3です。

ここで初めて、ロックマンの兄であるブルースが登場します。

ブルースは中ボスとして登場(ロックマンの成長の手助け)したり、敵の本拠地の破壊を手伝ったりと謎多きキャラとして活躍します。

登場する際にブルースは口笛を吹くんですが、これがまた切ないんですよね。

ちなみに本作で有名なもう1つの中ボスがこちら。

この記事のアイキャッチ画像のモデルにさせてもらったビッグスネーキーです。

ロックバスターだけで攻略するとなると何回もジャンプしないとなのですごい面倒だったのを思い出します。

 

ロックマン4

 

登場するボス・ブライトマン
・トードマン
・ドリルマン
・ファラオマン
・リングマン
・ダストマン
・ダイブマン
・スカルマン

1991年12月6日発売のロックマン4。

実は「アイシールド21、ワンパンマン」で有名な村田雄介先生が14歳の時に応募したキャラクターである「ダストマン」が採用されます。この時からすでに天才絵師の片鱗を見せつけていたんですね。

 

ラフロくん
ま、マジかよ!村田先生のスパイダーマンとかもスゴイうまいよな。
ろいほくん
普通は応募されたキャラクターに編集が加えられるんだけど、ほとんど手を加えられなかったみたいだよ。

 

ロックマン5

 

登場するボス・グラビティーマン
・ウェーブマン
・ストーンマン
・ジャイロマン
・スターマン
・チャージマン
・ナパームマン
・クリスタルマン

1992年12月4日に発売されたロックマン5。

またしても、当時15歳の村田さんのキャラクター「クリスタルマン」が採用されます。

 

ラフロくん
スゴすぎない!?
ろいほくん
2年連続とか、ある意味殿堂入りだよね。

ロックマン6

 

登場するボス・ブリザードマン
・ケンタウロスマン
・フレイムマン
・ナイトマン
・プラントマン
・トマホークマン
・ウインドマン
・ヤマトマン

1993年11月5日発売の、ロックマン6。

前作あたりからゲームバランスが修正されて、即死系のトラップはあるものの、全体的に難易度は優しくなってきています。なので、ロックマン初心者は5や6あたりから始めてみるのもいいかと思います。

ストーリーはあってないようなものなので、まぁこっちからやっても問題ないでしょう。ドラクエもロトシリーズは3からですし。

 

ラフロくん
久々だから6からやってみようかな。
ろいほくん
うん、まぁこの辺りはゲームバランスはいいからね。

 

ロックマン7

 

登場するボス・フリーズマン
・ジャンクマン
・バーストマン
・クラウドマン
・スプリングマン
・スラッシュマン
・シェードマン
・ターボマン

前作から2年後の1995年3月24日に発売されたロックマン7。

ロックマンの時代の100年後を描いた作品「ロックマンX」のようなゲーム性にここから変わります。

 

ラフロくん
個人的にはロックマンはファミコン風の8bitがいいよなぁ。
ろいほくん
そうだね。ラフロくんは、ほら古い世代だから尚更だよね。
ラフロくん
俺たち幼馴染って設定のはずだけど……。

 

ロックマン8

 

登場するボス・テングマン
・アストロマン
・ソードマン
・クラウンマン
・サーチマン
・フロストマン
・グレネードマン
・アクアマン

1996年12月17日に発売されたロックマン8。

唯一、任天堂以外のハードであるプレイステーションソフトとして登場した作品です。

あまり人気がなかったのか、ここでロックマンのナンバリングがピタッと止まります。

 

 

ロックマン9

 

登場するボス・コンクリートマン
・トルネードマン
・スプラッシュウーマン
・プラグマン
・ジュエルマン
・ホーネットマン
・マグママン
・ギャラクシーマン

前作からなんと12年後の2008年9月24日に発売されたロックマン9。

レトロゲームブームの影響もあり、8bitに戻しての発売となりました。

 

ラフロくん
ちょ、12年って小学2年生が成人してるくらいの期間だぞ!
ろいほくん
そうなんだ。つまりこれは貴乃花が入幕してから引退するまでとほぼ同じくらいなんだよね。
ラフロくん
ん?いや、逆にわからなくなったわ……。

 

ロックマン10

 

登場するボス・ブレイドマン
・ポンプマン
・コマンドマン
・チルドマン
・シープマン
・ストライクマン
・ニトロマン
・ソーラーマン

2010年3月9日に発売されたロックマン10です。

これもオールドファンには嬉しい8bit仕様で製作されました。

 

ラフロくん
やっぱり俺は8bitがいいな。
ろいほくん
そうだね。ラフロくんは、ほら古い世代d……
ラフロくん
さっき聞いたそれ!もうええわ!

 

ロックマン11

 

登場するボス・ツンドラマン
・アシッドマン
・ラバーマン
・パイルマン
・トーチマン
・ブラストマン
・ヒューズマン
・ブロックマン

そして2018年10月2日に満を持して発売されたのがロックマン11です!

8bitでないのは残念ですが、8bitの良さを引き継いだ出来といっても過言ではないでしょう。

ファミコン風じゃないと高評価されにくいロックマンですが、この作品でまたロックマンに弾みがつくことを祈ってます。

そして今作ではまた、

ミスを許さないイエローデビルも登場します!

 

まとめ:新規ユーザーもオールドユーザーも楽しめるロックマン

ざざっと紹介して来たロックマンですが、生誕30年過ぎたこの機会にやってみるのはいかがでしょうか?

 

ラフロくん
珍しくちょいと長い記事になったな。
ろいほくん
うん、これなら満を持して広告も貼れるよ。
ラフロくん
結局そこかい!まぁ、でも今回は許す!!

 

アイキャッチ画像協力

アイキャッチ画像はドラゴン忍者(@dragonnninja)さんとコラボさせてもらいました!

今回の記事は「ゲーム」がキーワードだったので、ドラゴン忍者さんにはビッグスネーキーとして登場してもらいましたが、もっと絵のウデを上げて再挑戦したいと思います……。

ドラゴン忍者さんのブログはゲームから英語、筋トレ、美容と、幅広く書かれていますがドンピシャ私が知りたい情報を綺麗にまとめられているのでいつも参考にさせてもらってます!

ドラゴン忍者のブログ

 

 

 

 

この記事は気に入らなくても
いいね ! しよう

徹底検証カテゴリの最新記事

Back to top