未分類

Macで使える小ワザ|Macのデスクトップアイコンの大きさを変える方法

最近はブログの執筆やYouTubeの編集などをすべてMacで行なっているため、Macのデスクトップが散らかってしまうことが多くなりました。

そんな時に、Macのデスクトップを広く使う方法があったのでご紹介したいと思います。

それは「Macのデスクトップアイコンを小さくしてしまう」ということ。

 

ろいほくん
ろいほくん
それで本当に広く使えるの?

 

そういうと思ったので、実際にやってみましたのでご覧ください。

 

Macのデスクトップアイコンの大きさを変える方法

今回は、Macのデスクトップが手狭になってきたということに対する対処法としてご紹介するので、アイコンを小さくすることをメインにご紹介します。

 

ろいほくん
ろいほくん
OK!!

 

Finderから表示オプションを表示する

Macのデスクトップの適当な場所をタップすると左上に「Finder」と出てきますので、表示から表示オプションを表示を選択しましょう。

 

アイコンサイズを変更する

するとこの写真のようにアイコンサイズを変更する画面が出てきます。

現在は36*36になっているので、このスライダーを左右に動かして好きなサイズに変更しましょう。36*36でもかなり小さい方になります。

 

ろいほくん
ろいほくん
めちゃくちゃ小さくなったね!!

 

そうなんです。これで、デスクトップ画面にたくさんのアイコンを配置することができるので、色々な種類のフォルダをデスクトップに置いておきたい場合は、かなり便利になります。

 

以前大きいアイコンだった時は、フォルダの数をなるべく少なくしようと思っていたので、カテゴリ分けが大変だったのですが、もともと配置できるアイコンが多くなったことで即座に自分が使いたいフォルダにアクセスできるので本当に便利です。

 

皆さんもよかったらお好きなサイズにして使ってみてください!

もしくは、ディスプレイを拡張してみるのもアリです!

こちらの記事を参考にしてみてください。

これは便利|使っていないiMacをMacBookのサブディスプレイにしてみたブログのアイキャッチにこだわりがある私は、Keynoteで毎回アイキャッチ画像を作成しているのですが、最近あることに気づいてしまったので...

 

Back to top