ビジネス

LINEスタンプの作り方|LINEスタンプを手書きスマートフォンアプリで作ってみよう

それでは実際にLINEスタンプを作っていきましょう。

私は、「Medibang Paint」 というスマホアプリを断然オススメします。

なぜならこちらのアプリは完全無料であり、さらにLINEスタンプを作る上で使える便利機能がたくさんあるからです。

 

ろいほくん
ろいほくん
さっそくスタンプを製作しよう!

 

スタンプの元になるキャラクターの絵を描く

まずは、キャラクターの絵を用意しましょう。

この「MediBang」が便利なのは、ノートなどに描いた絵を写真でアプリ内に取り込むことができる点です。ちょっとやってみましょうか。

 

MediBangに写真を取り込む

まずは「MediBang」をダウンロードしたら「新規作成」からキャンバスのサイズを選びましょう。

LINEスタンプの最大サイズは (W)370pixel × (H)320pixel なので、最初からそのサイズにキャンバスを設定しておくと便利です。

次に右下のレイヤーマークから「+」ボタンをクリックしてレイヤーを追加します。

ここでは「カメラで撮影した画像」をレイヤーとして追加していきます。

 

ろいほくん
ろいほくん
自分で描いた絵を写真に収めるだけ!カンタンだね!

 

取り込んだ画像を下書きとして、上からなぞり書きをします。

これで、大枠は完成。あとは色を塗って完成です。

ろいほくん
ろいほくん
なぞり書きが終わったら写真のレイヤーを削除すれば完成!

 

 

こんな感じになりました!

 

ろいほくん
ろいほくん
できたね!はじめてにしてはまあまあかな!?

 

手書きでも、無料アプリでも、そこそこの完成度のスタンプは作れそうですね。

この調子でどんどんスタンプを作っていきましょう!!

 

 

Back to top