2018年11月からYouTubeでも活動してます!!いますぐここからチェック!!

兼業ブロガーはイカした記事を書いて仕事にも活かすこのループが面白い

兼業ブロガーはイカした記事を書いて仕事にも活かすこのループが面白い

 

ラフロくん
先生のことをお母さん!と呼び間違えたまでは良かったけども、相手が男の先生だった。で、有名なラフロです。

 

ろいほくん
ちょっと!そこは僕のポジションでしょうが!
ラフロくん
たまには俺だってボケたいんだよ!

 

と、いうことで今回は兼業ブロガーというポジションは、仕事にもブログにも無限ループで活かせるんだぜい!という内容を発信していきたいと思うんだぜい!

 

▼たるんだぜい肉もスッキリ加圧シャツ

 

ラフロくん
だぜい!?たるんだぜい肉を無理やり入れてきやがったぜい!!

 

兼業ブロガーが得すること

自分の仕事を活かした記事を書ける

これがかなり強いアドバンテージになるのではないでしょうか?

興味のあることをユーザー側の視点から記事にするのも当然GOODですが、一方でその仕事をされている方の目線から発信することも双方向の情報が提供できるので厚みが増してきます。

 

その仕事をしていなければわからないこと、その仕事にまつわる裏話、仕事を介して経験したことなどなど、自分では「えっ?こんなの興味ある?」と思うかもしれませんが、実はそれがバズの始まりかもしれません。

 

身近な例でいうとスマートフォン。

まぁ、iPhoneにしましょうか。

iPhoneのカメラ機能ってどのくらい使っていますか?

カメラを起動して写真を撮って、ハイチーズ!!

ほとんどがそのような使い方だと思います。

 

ですが本当は、撮影時に焦点を合わせたいところをタップするとピントフォーカスして、さらにはタップした場所が綺麗に写るように明るさ調整までしてくれます。

 

こういったちょっとしたことでも、ええ!知らなかった!と思う人はたくさんいます。

Appleの販売員からしたら当たり前のことも、ユーザーからしたらそれが感動のきっかけになることだってあるのです。

 

ラフロくん
え?ろいほくんってAppleの販売員だったの?

 

いえ、全然違います!!

 

ラフロくん
フォントサイズ変えてきたでコイツ。

 

ブログでユーザビリティを学べる

ユーザビリティとは、使用性、使いやすさといった意味で使われることが多いですがその定義は明確ではありません。ただ、ターゲットとするユーザーに対して満足度を与え顧客ロイヤリティを高めることができるか?ということが学べると思っています。

Google神が検索したワードから適切なブログをチョイスするのもまさにそういったところだと考えます。

もちろん、ヒットしたブログや記事が読みづらければ離脱していきますしファンも増えない。

ブログというものは接客業や対顧客を相手にされている兼業ブロガーさんには非常に良いツールだと思っています。

 

また、エンドユーザーとは直接関わらない営業職のサラリーマンであっても、例えば日中の共有メールやプレゼン資料の作成に活かせる技術だと思います。

 


私にしては結構な数のいいねをいただいたツイートです。

私は今月から新しい担当業務が増えて、諸々の周知事項を全国に向けて発信していたのですが、現在のブログの構成のように見出しを入れたり、アイキャッチ画像入れてみたりと工夫して共有していたところ、わかりやすい!という声をたくさんいただきました。

ブログの構成をメールに置き換えただけでわざわざ感謝の電話をいただいたくらいです。

翻して言えば、今までどれだけ読み手のことを考えないメールが社内で飛び交っていたのかということなんですけどね。

 

ラフロくん
大抵、Fw:の嵐だよな。
ろいほくん
僕の尊敬する部長は、メールが多すぎて、毎日の日課はメールの太い文字を細くすることだって言ってたよ。全部細くしたくらいで退社のチャイムがなるんだって。

 

ラフロくん
中身見ないでとにかく既読にするのな(笑)

 

まとめ:兼業ブロガーが巻き起こすサイクルで地球活性化

 

ラフロくん
だいぶ話が大きくなったな。
ろいほくん
兼業だから発信できることや、情報の共有でみんなが幸せになればそれでいいじゃない。

 

このブログのコンセプトは、誰かのために何かをする。です。

成功している方からしたら私はただの社畜かもしれませんが、そんな社畜でも誰かのために何かできることはありますし、それは社外でも社内でも関係なく良い循環をして役立ちたいと思ってます。

 

ラフロくん
今週はだいぶまともだな。でも、たまには良いな。

 

 

 

 

この記事は気に入らなくても
いいね ! しよう

ブログカテゴリの最新記事

Back to top