iPhone

iPhoneのカメラ機能を使ってプロっぽいメリハリのある写真を撮影する方法

高性能なiPhoneのカメラを使っているのに、満足のいく写真が撮れない・・・。
カンタンにプロみたいに撮影できる方法ないかな・・・。

と、お悩みではありませんか?

実は私も写真を撮るのが苦手でした。

iPhoneで写真を撮影したことに満足をして、あとで写真を見返してみたら「うーん・・・。」と唸ってしまうことはよくあります。

 

しかし、安心してください!!

 

実は、カンタンにプロっぽい写真を撮影する方法があるんです!

それではさっそく、iPhoneのカメラを使ってプロみたいなメリハリのある写真の撮り方についてわかりやすくカンタンに説明していきます。

iPhoneのカメラでプロっぽく撮影する方法

光と影を使ってプロっぽく撮影する

プロっぽい、オシャレな写真をカンタンに撮るためには「光と影」のような対照的なモノを1枚の写真の中に表現するといいと言われています。

そのためにはまず、iPhoneカメラの基本テクニックでもある「光量の調整」を覚えましょう。

ろいほくん
ろいほくん
光量調整は覚えておきたいテクニックだよ。

ピントと光量調整でメリハリをつける

こちらはiPhoneの撮影画面です。

赤いチェックマークの部分をご覧ください。

写真撮影の際、焦点にしたい部分の画面をタップすると黄色い枠が出現します。

 

実はこの時、AF機能(オートフォーカス)が働き、ピント調節と同時に光量も自動調整されます。そして、黄色い枠の右側には上下に動かすスライダーが表示されます。ちょうど太陽のようなマークのところです。

 

さっそく、この太陽のマークのスライダーで、自分の好みにあった明るさに変更してみましょう。

太陽のマークを指で上に払うように動かしてみてください。

全体的に明るさが強くなり、光の少ないところでも対象がハッキリ映るはずです。

一度だけではなく、何回も上に払えばどんどん明るくなります。

 

今度はスライダーを下に動かしてみましょう。

先程とは逆に画面全体が暗くなります。

光量が強すぎる場合は、スライダーを下に動かして明るさを調整します。

 

ろいほくん
ろいほくん
この機能を使ってなんてことない写真をプロっぽくしてみるよ。

 

それではこちらの写真をご覧ください。

鉄柵に腰をかけた自分の影をiPhoneカメラの画面に映しています。

これだけでは、特に面白さもないただの影の写真ですよね。

 

では、この画面を映したまま、赤いチェックマークのあたりをタップしてみましょう。先程と同様に黄色い枠と太陽のマークが出現します。

この状態で、太陽のマークを上に動かすとその部分がさらに「明るく」なります。

つまり、すでに明るい部分が「明るく」なるわけですから、結果的にこのようになります。

そうなのです。明るい部分に「明るさ」の要素を加えると、光が飛んでこのように真っ白になります。

そして、影だった部分も比例して明るくなるので、このようなアーティスティックな写真を撮影することができるのです。

 

ろいほくん
ろいほくん
もうひとつ教えますよ!

 

「静と動」でプロっぽく撮影する

冒頭にも説明した通り、対照的なものを1枚の写真で表現するとそれだけでプロっぽくなります。

先程は「光と影」をキーワードに撮影しましたが、今度は「静と動」です。

「静と動」も対照的なキーワードですよね。

 

では、この「静と動」をよりカンタンに表現するために、まずはフィルタを使って画面を加工することを覚えましょう。

フィルタを使って加工する

こちらはiPhoneの撮影画面です。

画面の左上の赤い丸の部分、3つの円が重なっているボタンをタップしてみましょう。すると画面右下の赤い枠の部分に色々な色のフィルターが出現します。

ちょうどこの画面は「ノアール」という白黒撮影をするフィルタをかけた状態になっています。

今回はこの「ノアール」というフィルタをかけた状態で「静と動」を表現してみましょうか。

 

ろいほくん
ろいほくん
静と動をテーマにこんな写真を撮ってみたよ。

いかがでしょうか?

手前を歩く人はどこか忙しげなイメージ。

反対に奥を歩く人や風景は止まっているかのようなイメージ。

まさしく「静と動」がひとつの枠の中に入った形だと思います。

 

この他にも、通勤で賑わう駅のホームにひとりだけ直立不動のモデルがカメラ目線でこちらを見ているとか。人々が交差し合う、渋谷のスクランブル交差点を背景にこちらを振り向いたモデルを撮影するとか。

そういった「静と動」という正反対のものを表現するとカンタンにアーティスティックな写真になります。

 

ろいほくん
ろいほくん
なんとなくイメージは伝わりましたでしょうか?

 

今回は、対照的なものをキーワードにiPhoneカメラでプロっぽく撮影するということを解説してきましたが、例えば最初にお伝えした「光と影」などは意図的に作り出すこともできるのです。

 

光と影を意図的に演出する

夜間はもちろんのこと、日中でも光量が足りない場合は意図的に光を足すことで撮影に幅を持たせることができます。例えば、こちらの商品。

商品名 Lume Cube Air
リュームキューブ
ポイント ・全光束:1000ルーメン
・4段階明るさ調整
・防水10Mまで
・重量56g

重さ、たったの56gというキャラメルサイズのようなLEDライト。

しかも防水機能もあって水中の中でも使える優れものです。

このようなアクセサリを持ち歩きながら撮影をすると、シャッターチャンスがグンと増えますよね。

ちょっと明かりが足りないと思った時に使えるオススメの商品です。

 

まとめ:iPhoneカメラでプロっぽく撮影するには

「対照的」なものを1枚の写真に閉じ込めろ!

プロっぽい写真を撮影するには「対照的」なものを1枚の写真に入れるだけ!ただ、それだけで撮影の楽しみも増えます。また、考えさせられるような写真というのもキーワードとして加えておきます。

ただ単純に綺麗な風景を撮影するだけではなく、こういったひと手間で今までと違ったプロっぽい写真が撮れるのもiPhoneカメラの魅力の1つですよね。

ろいほくん
ろいほくん
こんな感じのテクニックで楽しいiPhoneカメラライフをお過ごしください。

最後にご紹介した「LEDライト」については、ウェブでの購入がオススメです!

一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

Lume Cube Air 《2019年2月8日発売》

created by Rinker
¥9,687
(2019/07/23 14:48:18時点 楽天市場調べ-詳細)

LUME CUBE (リュームキューブ) スマートフォンクリップ

created by Rinker
¥2,711
(2019/07/23 14:48:18時点 楽天市場調べ-詳細)

Back to top