給料出たので、飲み行けます!

iPhoneの標準カメラアプリで16:9の高画質写真を撮影する一番簡単な方法

iPhoneの標準カメラアプリで16:9の高画質写真を撮影する一番簡単な方法



iPhoneの標準カメラアプリでは4:3もしくは1:1の撮影が基本となっており、インスタやTwitterなどで使う場合は特に問題ないですが、ブログやYouTubeのサムネイルサイズには適さない場合があります。

ブログやYouTubeのサムネイルに使うために16:9で撮影したい!という場合の方法はいくつかありますが、今回は一番簡単な方法をお伝えしていきます。

 

これは知りたかった!早速教えてくれ!

iPhoneの標準カメラアプリで16:9サイズを一番簡単に撮影する方法

こちらは私、野村ろいほの写真です。

 

田舎のヤンキーかよ・・・。

 

こちらの写真は実際に16:9で撮影したものです。

実は16:9で撮影すると後々4:3や1:1に変換しやすく、逆に4:3や1:1で撮影したものを16:9にする方が難しいのです。

 

それではさっそく16:9で撮影する一番簡単な方法です。まずはビデオカメラを起動しましょう。

 

まずはカメラアプリの起動だな。

ビデオカメラを起動し撮影を始める

お気づきになりました?

そうなんです。

ビデオカメラを起動するとそのサイズが16:9になっているのです。

なので、このままビデオ撮影に進みます。赤い丸のボタンを押して動画を撮影しましょう。

撮影中に現れるシャッターボタンを押す

ビデオ撮影を始めると画面右下に白い◎(二重丸)が出現します。ちょうど画像の赤枠で囲っている部分ですね。

実はこれがカメラのシャッターボタンなのです。

撮影しながらこのボタンを押すと、その瞬間を切り取って「写真」として保存されます。これが一番簡単に16:9サイズの写真を撮影する方法です。

 

まとめ:iPhoneで16:9サイズの撮影は簡単にできる

 

静止画撮影も、動画から切り撮るとベストショットを残せる

この方法の良いところは、ビデオカメラで撮影しているので、万が一のシャッターチャンスを逃すことがありません。

少し画質は落ちますが、ビデオ再生の画面をスクリーンショットすることで、16:9のサイズのまま静止画に変えることが可能です。

ただし、今回紹介したやり方の方が、より綺麗に簡単に撮影できるので、ビデオ撮影からのスクリーンショットは保険的な意味合いで使用することをオススメします。

 

これで撮影した写真のリサイズの手間からおさらばできるぞ!

iPhoneの撮影はデータだから、多めに撮影しておいた方がベストショットを選べるし、手間も少ないよね!

撮影のコツはこちらの記事でも紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

 icon-chevron-circle-right iPhoneのカメラ機能を使ってプロっぽいメリハリのある写真を撮影する方法

 

この記事は気に入らなくても
いいね ! しよう

iPhoneカテゴリの最新記事

Back to top