給料出たので、飲み行けます!

ハンバーグを食べた後のゲップがくさい理由と対策を専門家に聞いてみた

ハンバーグを食べた後のゲップがくさい理由と対策を専門家に聞いてみた

ランチで大好きなハンバーグを食べて上機嫌のA子さん。

何が上機嫌かって、ハンバーグが美味しかったこともあるが、午後イチにA子さんが密かに想いを寄せる太郎くんとのミーティングがあるからだ。

 

お化粧室に行って、メイクもばっちり。

さて、ミーティングに行くぞ!と思った矢先。

 

(ゲップ・・・。)

 

くさっ!!ゲップくさっ!!

 

A子さんは自分のゲップのクサさに驚きました。

 

 

やばい!この後、太郎くんとの(ゲップ・・・)

ミーティングが(ゲップ・・・)

あるのに(ゲップ・・・)

 

ハンバーグクサい(ゲップ・・・)

ゲップをする女だと思われちゃう(ゲップ・・・)

 

それはいやだ!(ゲップ)

あだ名がハンバーグラーになるのだけは避けなくては(ゲップ・・・)

 

 

っていうとき、ありますよね。

 

なんとしてもA子さんを助けなくては。

彼女が想いを寄せる太郎くんからハンバーグラーと呼ばせないためにも、私は専門家に対策を聞いてきました。

 

 

ハンバーグといえばドイツ

ということで、アメリカに取材に行ってきました。

 

今回、快く取材を承諾してくれたのはワシントンD.Cでハンバーグのゲップとカマキリの交配を専門とするレオナルド・チャーリー・トマホーク氏だ。

 

▼レオナルド・ベルポルト・サラマンダー氏

 

先生、はじめまして。今日はよろしくお願いします。

 

 

 

レオ「ああ、大丈夫だ。言わなくてもわかる。君の顔を見れば、私に何を訪ねたいか手に取るようにわかるよ。」

 

さすがですね。

 

 

 

レオ「カマキリの交配のk」

 

違います。ハンバーグとゲップについてです。

 

 

 

 

レオ「失礼。そうだったね。知っていたよ。」

 

彼は左手の小指を私に突きつけてこう言った。

 

レオ「その娘さんとやらは、お前さんのコレかい?」

 

いえ、違いますが。それが何か?

 

 

 

レオ「いや、聞いてみただけじゃよ。それより、美味しいハーブティーを手に入れたんじゃ。今、淹れてやるからちょっと待っていてくれ。」

 

彼は、スッと立ち上がり台所へと向かった。

 

一方、私は彼が台所へ消えたことを確認してその場を立ち去った。

 

 

わからないことは兎に角NASA

さっきのジジイが全くあてにならなかったので、私のコネクションを最大限に利用してNASAの関係者と接触することに成功した。ちょうどワシントンD.Cだし、NASAの本部があるから運も良かった。

 

最初からそうするべきだったと猛省した。

 

NASAの本部に到着すると、広報のピーター・ソトニコフさんが出迎えてくれた。ちょっと名前がどこの国の人かややこしかったが、どうやら日系4世とのこと。

 

▼ピーター・ソトニコフ氏(日系4世)
ピーター「やあ、はるばる日本から大変だったね。」

 

いえいえ、それより突然の取材を快く引き受けてくださってありがとうございます。

 

 

 

 

ピーター「なあに、気にしないでYO。ハンバーグとゲップの関係性だろ?ちょっと専門家を呼んでくるから待っていてくれ。」

 

すみません。助かります!!

 

 

 

 

めちゃくちゃ良い人だ。

ピーターさんのおじいさんが昔、日本で、自動販売機の下にある小銭を拾う仕事していたそうで、その縁もあって大の親日家なのだそう。いやあ、助かった。

 

 

ピーター「やあ、待たせたね!紹介するよ。チャーリーだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

チャーリー「やあ、君、ハーブティーは好きかね?」

 

チェンジで。

 

 

 

チャーリー「いや、ちょっと待ってくれ。」

 

いや、マジで無理っす。

 

 

 

 

 

 

ピーター「すまない!どうやら関係ない人を連れてきてしまったみたいだ。」

 

いえいえ、次はマジでお願いします。

 

 

ピーター「今度こそ専門家を紹介するよ。マカロン氏だ。」

 

 

 

▼ジョアン・マカロン

マカロン「ハンバーグとゲップの関係性だろ?俺に任せてくれよ。」

 

最初からマカロン来いって。

そう思ったが、口には出さなかった。

 

マカロンさん。では、まずハンバーグを食べるとクサいゲップが出るのはなぜか?教えてください。

 

マカロン「ハンバーグっていうのは、脂肪分が多く含まれているだろ?脂肪分が十二指腸に入るとコレシストキニンというホルモンが分泌されて、胃の中の空気が外に出やすくなるんだ。」

 

なるほど。

 

マカロン「さらにハンバーグに含まれるタマネギ。加熱するとセパエン類という成分が発生してゲップを起こしやすくするのさ。食べたから臭くなるというより、挽肉の独特のニオイが出てきてるんだよな。わかったかい?」

 

すごくわかりやすいですね。マカロンさんはNASAでハンバーグのゲップの研究をなさっているんですか?

 

マカロン「答えはYESだ。俺はNASAに入った40年前からハンバーグとゲップの関係性について研究している。コレをみてくれ。」

 

 

マカロン氏は大きな封筒から1枚の写真を取り出して私に見せた。

 

 

マカロン「マクドナルドもお手上げのハンバーグ製造機だ。宇宙ロケットの燃料としても使えるのではないかと言われている。ちなみに左から2番目の彼だが、両足を骨折している。石膏でガチガチに固定して青いテープを巻いているのがわかるだろう。ハンバーグを大量に摂取した後に天に向かってゲップをしたところその勢いで両足が骨折してしまったんだ。ドイツの科学者はハンバーグという本当に恐ろしい兵器を作ってしまったんだよ。」

 

それはさすがに嘘ですよね?

 

マカロン「おいおい、待ってくれ。コレは本当にあったことなんだ。その直前の映像がコレだ。」

 

 

彼は私が嘘だと言うことを知っていたかのように、もう1枚の写真を封筒から取り出し私に見せた。

 

 

 

マカロン「先日の火星ロケット発射直前のモニタールームでの彼だ。クサいゲップがバレないように一度、手で覆い隠しているが、我慢できずこの後、天井に向けてゲップをしたところ両足が骨折したんだ。コレでわかっただろ。」

 

証拠写真の連続に、私は言葉を失った。

またひとつ、NASAがとてつもない研究をしているんだと考えると全身がブルっと震えた。

 

 

最後にもうひとついいですか?クサいゲップが出そうになった時の正しい対策を教えてください。A子さんのためにも教えてあげたいんです。

 

マカロン「方法は1つだけだ。ハンバーグを食べないこと。40年研究してきてわかったことだがね。」

 

なるほど!勉強になりました!

 

まとめ

ハンバーグを食べた後にクサいゲップを止めたい場合。

それは、事前にハンバーグを食べないこと。

 

ちょっと時系列的になんの解決にもなっていないように聞こえるかもしれないが、そういった時空間の歪みをワームホールなどで処理し、食べた後でも食べないことにするということが最大の対処法なのである。

 

つまり、あれです。

 

A子さんのあだ名はハンバーグラーに決定!!

 

 

この記事を読んだあなた。

また賢くなっちゃいましたね。

 

以上、野村ろいほでした。

 

 

この記事は気に入らなくても
いいね ! しよう

馬人間の憂鬱カテゴリの最新記事

Back to top