ユーザビリティ向上のためサイト工事中。ご迷惑おかけしますが今後ともよろしくお願いいたします。

ドトールのソーセージをつまみにビールやハイボールが呑めるお店を発見したのでレビュー

ドトールのソーセージをつまみにビールやハイボールが呑めるお店を発見したのでレビュー



ドトールのミラノサンドに挟まれている生ハムや、ジャーマンドックのソーセージって美味しいですよね。

こんなに美味しいなら生ハムやソーセージをつまみに一杯やりたくなるのが酒呑みの思想。

 

そんな妄想を抱きつつ、東京は足立区にある北千住駅で衝撃の出会いをしたのです。

なななんと、あのドトールが試験的にアルコール販売をしているではありませんか!!

 

今回、ドトールを愛して20年以上の私が、アルコール提供をするドトールに潜入してきましたのでレビューさせていただきます。

 

ハッキリ言って、全店この形態にしてほしいと懇願する内容でした!!

 

アルコールが呑めるドトールは北千住にある

今回、私が潜入した場所は北千住駅構内にあるドトールエキア北千住店。

こちらのドトールは、アルコール提供を試験的にしているお店なんです。

 

いただけるアルコールは全部で4種類。

 

・アサヒスーパードライ 380円
・ブラックニッカハイボール 350円
・ワイン(赤/白)300円

 

それぞれ400円以下でいただけるという安心設計。

 

うーん、コスパを求める私にとって非常にありがたい価格設定です。

 

ハイボールとソーセージで1杯

糖質制限ダイエットをしているため、今回はハイボールとソーセージをチョイス。

おつまみは全部で8種類あり、すべて300円以下とコチラも安心の価格設定です。

 

だがしかし!!

 

私は周りを見渡して少しだけ不安を覚えました。

 

 

 

他の人、誰もアルコール頼んでねぇえええええ!!

 

 

時間は平日の20:00。誰か呑んでいても全くおかしくない時間。

だがしかし・・・。

 

 

誰もアルコール頼んでねぇえええええ!!

 

 

それはさっき聞いたよ。

 

 

 

いやいやいや、呑んでよ。いや、呑めよ!!

天下のドトール様がへり下ってアルコールを我ら下民に提供してくださってんだぞ!!

 

と、心の中で叫びましたが、さすがに連行されそうだったので抑えました。

 

しばらくすると、ブラックニッカハイボールとジャーマンドックのソーセージが運ばれてきます。

 

 

ソーセージがうますぎて1杯じゃあ足りない

 

まずは見た目ですが、文句なくGOOD!!

あのドトールのジューシーなソーセージでハイボールを流し込むとなると、これはただじゃあすまないことは目に見えてます。やばい。帰れるか心配になってきた。

 

さっそく実食してみよう!

 

 

 

まずは、ジューシーすぎるソーセージさんをひとくち。

 

およそ二本分でしょうか。素晴らしいルックスです。惚れそうです。

 

そして、やっぱり裏切らなかった・・・。

ジューシーすぎる。やばい。うまい。

 

矢継ぎ早にブラックニッカを流し込みます。

 

 

 

ああ・・・。美味い・・・。うますぎる・・・。

帰りたくない。

 

もう、泊まっていきたい。

ドトールに泊まりたい。

 

そんな感じのヒモ男感満載になってしまうレベルのうまさ。

 

これは・・・全店展開しましょう!!!!マジで!

 

とはいえ課題もあるのは事実

ここからはコスパ研究家の私の考えですが、呑めるカフェの定番、プロントに勝るかというと怪しいというのが本音。なぜなら、メニューが少なすぎる。

もちろんテスト的要素でアルコールを扱っていると思うので、いきなり1軍メニューでこないと思いますが、ミラノサンドとの連携などを進めたほうがいいかもしれないですね。

 

例えば、前回私が酷評したミラノサンド「カマンベールとエビグラタン」については、ほとんどチーズフォンデュのような味だったのですが、実は白ワインとはありだと思うのですよ。

 

つまり、既存のメニューが日の目を見る絶好の機会でもあると私は考えます。

アルコールの種類およびメニューの多様性を確保できれば、今からでも遅くない、カフェ呑み業界に神風を吹かせる存在になると思います。

 

まとめ:とりあえず今はサイゼリヤで呑んでたらいいよ

ドトール愛好家でもあり、サイゼリヤ愛好家でもある私の見解は、やっぱりサイゼリヤ呑みが強いです。

ですが、ドトールの戦略次第では、常識がひっくり返る日が来るかもしれません。

 

今後のドトールのカフェ呑み戦略には注目していきたいですね!!

 

 

この記事は気に入らなくても
いいね ! しよう

ドトールカテゴリの最新記事

Back to top