【後編】秩序のない現代にドロップキックをしたい鹿がなんか言ってるから聴いてきた

【後編】秩序のない現代にドロップキックをしたい鹿がなんか言ってるから聴いてきた

 

前回までのあらすじ

代々木さんに秩序ないドロップキックとは何か?という質問を投げかけたろいほくんであったが、饒舌にするためハイボールを飲ませすぎたことが原因で、怒りが頂点に達した代々木さん。

果たして彼を止めるのは誰か!?

また、これからどこに向かうのか!?

 

 

 

 

 

 

皇居ランナーに物申したい

代々木さん立ち上がる

代々木さんはメガハイボールを一気飲みしてこう言いました。

 

代々木さん
ろいほくん。昨日、うちの嫁が言ってたんだけど。
ろいほくん
ええ。
代々木さん
ファブリーズって除霊ができるらしいよ。
ろいほくん
全然関係なくないですか?

 

代々木さん皇居に行く

ということで、代々木さんの怒りを収めるべく、実際に皇居ランナーのところへ向かいました。

 

ろいほくん
代々木さん着きましたね。皇居。
代々木さん
そうだねー。みんな意識高い系ばっかりだよ。
ろいほくん
ところでこれからどうするんですか?

 

代々木さんは名案があると、自信満々に口を開きました。

 

代々木さん
実は、皇居には小豆洗いという妖怪が出るんだ。
ろいほくん
えっ!?あの、あずきを洗うおじさんのことですか?

 

※水木プロより引用

 

代々木さん
そう。皇居ランナーに皇居の周りは小豆洗いが出るから、走るのをやめたほうがいいよって言いに行こうと思うんだ。
ろいほくん
それ、効果ありますかね!?

 

代々木さん
そもそも妖怪っていうのは昔は当たり前にいたんだ。でもね、人間が自然を壊してしまったから今じゃあなかなか会うことはできなくなったんだ。そんな数少ない妖怪がいる皇居の周りを走るなんて、これはやっぱり問題だと思うんです。

 

さっきまで怒り心頭だった代々木さんが皇居に来た途端、アミニズム(精霊信仰)に目覚め始めてしまったようです。彼に何かが宿ってしまったのか?一瞬、ファブリーズを買いに行こうかと思いました。

 

代々木さん
ちなみにカッパも出るらしいんだ。この追加情報があればなんとかなるでしょ。

 

代々木さんの自信がどこから来るのかは謎ですが、とりあえず皇居ランナーに話しかけてみることにしました。

 

代々木さんVS皇居ランナー

代々木さんは皇居ランナーに話しかけるために準備運動を始めました。

43歳のカラダから骨が軋む音が聞こえる。

 

ろいほくん
代々木さん、それじゃあ早速お願いします。
代々木さん
任せてよ。ろいほくん。

 

ろいほくん
代々木さん!ランナーきた!!
代々木さん
え!?ちょ、ま。

 

代々木さん
あの!すみません!

 

 

 

 

 

 

代々木さん
はやっ!!

 

 

 

 

 

 

代々木さん
ちょ、ちょっと待ってくださーい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代々木さん
ああ、行っちゃった……。

 

 

ろいほくん
代々木さん、全然ダメじゃあないですか。
代々木さん
ろいほくん…彼、速いよ。はぁはぁ。
ろいほくん
いや、もうスタートで出遅れてますもん。
代々木さん
もう1回チャンスをちょーだい!
ろいほくん
わかりました。このあと編集しないとなので、次で決めてくださいね!

 

代々木さんは皇居ランナーに話しかけるためにさっきよりも大きく準備運動を始めました。

43歳のカラダから何かが割れた音がした。

 

 

 

ろいほくん
代々木さん、それじゃあもう一度お願いします。
代々木さん
今度こそ任せてよ。ろいほくん。

 

ろいほくん
代々木さん!!ランナーきた!!
代々木さん
え!?さっきの人じゃん!ちょ、ま。

 

代々木さん
あの!ちょっといいですか!!

 

 

 

 

 

 

代々木さん
さっきよりはやっ!!

 

 

 

 

 

 

代々木さん
あずき洗いが!この辺、あずきあr…ゴホッゴホッ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代々木さん
ああー、また行っちゃった……。

 

 

ろいほくん
代々木さん、3度目はないですよ?
代々木さん
ろいほくん…やっぱりさ、皇居ランナーってお高くとまってるよね?
ろいほくん
いや、代々木さんの体力の問題だと思いますよ。

 

 

代々木さん惨敗

代々木さんは皇居ランナーに話しかけることすら許されなかったのです。

完敗した代々木さんは、体力の限界でした。

 

ろいほくん
代々木さん、もう今日は帰りましょうか?
代々木さん
そうだね…。ちょっと腰やったみたいだし、帰ろうか。

 

ろいほくん
あ、代々木さん。せっかくここまで来たんで、国会議事堂だけ行っていいですか?
代々木さん
お、いいですね。ちゃんと見たことないから行ってみようか。

 

惨敗して疲れた代々木さんを鼓舞し、無理やり国会議事堂に連れて行くろいほくん。

夜の国会議事堂はなんとも異様な雰囲気に包まれていました。

 

国会議事堂の奇跡

もしかして、あなたは?

※代々木さんがはとバスツアーで撮影した夜の国会議事堂

夜の国会議事堂正面入り口には、多くの警察官がアリ一匹の侵入も許さない!とばかりに警備していました。

 

ろいほくん
代々木さん、国会議事堂が見えてきましたよ。
代々木さん
おお!ライトアップが綺麗だねぇ。

 

43歳のおじさんとのイルミネーションも乙なものです。

 

代々木さん
ろいほくん……。ちょっとトイレいきたくなってきちゃった。
ろいほくん
あ、僕もです。

 

国会議事堂の前に周辺地図があったので二人でトイレの場所を探していました。

 

謎の男「あー、君たちどうしたの?」

 

ろいほくん
えっ?
代々木さん
ああっ!

 

振り返ると、少し禿げ上がった頭の、ちょっと小汚いおじさんがひとり。

おじさんは、今日ここで泊まるつもりなのかな?という荷物をカートに乗せて私たちに近づいてきました。

腕には「脱原発」と書かれたスカーフのようなものが巻かれていました。

 

謎の男「何か探してるのかな?」

 

ろいほくん
あ、いやちょっとトイレを探していて……。

 

謎の男「あー、それなら地下鉄がいいかな?そこまっすぐ行ってちょっと右に曲がったら地下鉄の入り口があるよ。」

 

ろいほくん
あ、そうですか!ありがとうございます!

 

おじさんは親切にトイレの場所を教えてくれました。

 

 

代々木さん
ろいほくんさぁ。さっきの人って、脱原発の講義で来てるのかな?
ろいほくん
そうかも知れないですね。僕には原発問題を語れるほど知識がないですけど、親切にしてくれたし、感じのいい人でしたね。
代々木さん
はっ!そういえば、さっきの人ってアレに似てない!?
ろいほくん
え?……あっ!!

 

 

 

 

 

あずき洗い!!

 

 

ろいほくん
た、確かに似てました!!
代々木さん
ね!!失礼かもだけど、似てたよね!!

 

秩序のない現代社会に対して苦言を呈し、皇居のあずき洗いを守ろうとした代々木さんに対して、お礼をしに来たのかも知れません。

一日中歩き回った僕らは、楽しかったねと別れを告げ、帰路につくのでした。

 

 

ーーーーーおしまいーーーーー

 

 

 

この記事は気に入らなくても
いいね ! しよう

徹底検証カテゴリの最新記事

Back to top