ユーザビリティ向上のためサイト工事中。ご迷惑おかけしますが今後ともよろしくお願いいたします。

iPhoneアプリ「Clips」を使った編集とスクエア(正方形)を長方形にする方法

iPhoneアプリ「Clips」を使った編集とスクエア(正方形)を長方形にする方法

 

THE BEATLES「A Hard Day’s Night」のミュージックビデオを制作しました。

尊敬の念で制作したオマージュ作品ですが、どうぞ。

 

 

もともとこのMV(ミュージックビデオ)制作のきっかけは、こちらのTweetから。

 

 

ノンストップ飯田(@nonstop_iida)さんは、ご自身で演奏された楽曲をYoutubeにアップされている方でして、Twitterでリクエストを受け付けて、それをすぐさまカバー曲にしてアップされています。

 

そんな中、A Hard Day’s Night をリクエストしたメタやん(@_yoshihiro_i)さんからこんな要望が。

 

 

メタやん(@_yoshihiro_i)さんは、ビジネス関連のブログを書いておられます。

兼業ブロガーの私も勉強になることがたくさん書いてあって、いつも参考にさせてもらってます。

ビジネステック 

 

そのメタやんさんのブログ記事の最後に毎回「今回の洋楽」という動画紹介パートがあって、ノンストップ飯田さんがカバーしたこの曲を動画紹介に使いたいとのこと。

 

ということは、音源だけじゃなくて動画が必要になるということで。

 

つまり、MV(ミュージックビデオ)作って!よろしく!!

と、兼業YouTubloggerの私が召喚されたわけです。

 

ミュージックビデオ作ったことねえええ!!(汗)

 

MV制作で用意するもの

私が動画制作で用意したのは以下の3つ。

① iPhone

② MacBook Air

③ 三脚

 

これだけです。

 

これだけあれば、先程のようなMV(ミュージックビデオ)を作ることができます。

 

ちなみに制作にあたり、使ったアプリはコレ。

① Clips

② iMovie

③ keynote

たったこれだけです。

しかもすべて無料のアプリというのがポイント。

 

無料でも動画は撮影できるのですよね。

 

ちなみにKeynoteの使い方は過去記事を参照してください。

主に文字入れに使いますが、動きのある文字を入れるにはもってこいです。

 

MV制作に使ったアプリClips

MV制作に使ったアプリ「Clips」を簡単に紹介してみます。

今回活躍したのは「Clips」というアプリ。

こちらは、iPhoneでもiPadでも使うことができる「編集」を主とした撮影アプリです。

Instaglamなどの影響もあり、スクエア(正方形)で撮影するというところが短所でもあり長所でもあります。

撮影した動画に文字やスタンプを入れたり、フィルタをかけてコミック調にしたりと色々楽しむことができるのでオススメです。

 

また、すでにiPhone本体で撮影した写真や動画をこのアプリに取り込んで編集することもできるので、MV制作の素材作成の幅が広がります。

 

「Clips」の編集をするとどのようになるかというと、こんな感じの味気ない映像が

 

 

 

こんな感じのイカした映像に変わっちゃいます。

ちなみに先程、正方形(スクエア)での撮影になると説明しましたが、すでに撮影した横長の画像や、映像については、ピンチイン・ピンチアウト(拡大縮小)をして編集することで、横長のまま保存することも可能です。

 

その場合、横長の画像や映像を正方形の中に入れてしまうので、上下は真っ黒の状態で保存されます。

もし、上記のような横長サイズに戻したい場合は、「Keynote」側で調整が必要になります。

 

Keynoteでのサイズ調整

これは最終的に編集した動画として保存する場合、当然「keynote」を使うのですが、画像の調整は簡単に行うことができます。

 

「Clips」で編集した動画をまずは「Keynote」に取り込みます。

そして、先程の横長にしたい動画を選択し「サイズ調整してクロップ」という部分で白い枠を調整し、取り込んだ画像と同じサイズにします。

 

 

これで、先程のような横長の映像として保存することが可能になります。

ね?簡単ですよね。

 

 

まとめ:試しにMVを作ってみよう

今回が初めてのMV制作だったのですが、ちょこっと勉強してしまえば、簡単に作ることができました。

といっても、映像の内容をどうするか?というのと、どのように編集すると面白いかと「考える」のが一番大変なんですけどね・・・。

 

ただ、今回のような機会をもらえて、非常に感謝です。

このようにいろんな使い方を覚えていけば、動画制作に役立つことがたくさん見つかるので、まずは動画を作ってみることが重要だと改めて感じました。

 

 

この記事は気に入らなくても
いいね ! しよう

アプリカテゴリの最新記事

Back to top